緑内障早期発見して静岡で早期治療が受けられました

失った視界は取り戻せない病気

失った視界は現在の医療では取り戻すことはできないようで、進行を食い止めたり、遅らせたりする治療しかできないということです。
なぜ失明寸前まで気がつかないのかというと、目の仕組みが関係しているようです。
人間の場合には右目の視野が欠け始めたとしても、左目で補うことができるので、末期になるまでは視力が保たれているということです。
見えないことが見えないということになります。
少しずつ病気が進行している場合には、視力がいいのに何だか見えにくいことがあったとしても、目の疲れや老眼などと感じてしまう人も多いようです。
またなぜこのような症状が現れるのか、その原因はまだはっきり分かっていないようです。
しかし眼球の内圧である眼圧を下げることで、進行を抑制できるので、眼圧に原因があるのではないかといわれています。
とはいえ近視や遺伝的要因がなりやすいリスクとして考えられていて、家族の中に患った人がいるようであれば特に注意が必要であり、目が悪い人も注意が必要だということです。
それ以外にもたばこやストレスなども気をつけなければなりません。

緑内障を治すには、原因である眼圧の上昇と血流の悪さを改善しましょう!https://t.co/1v6MHdn16t

— 健康アラカルト (@sphp7174) 2019年12月15日

健診で勧められ大きな病院で早期発見 | 失った視界は取り戻せない病気 | 目薬から始めて手術に至るケースも